ホーム > 製品情報 > インストールとケア > ジェネレータケア > 10MW蒸気タービン発電機ロータメンテナンス

10MW蒸気タービン発電機ロータメンテナンス

    Incoterm: FOB
    最小注文数: 1 Bag/Bags
    納期: 20 天数

基本情報

発電機のタイプ: オルタネーター

出力タイプ: AC三相

認証: CE, ISO

標準: 標準

Additional Info

包装: ケース

ブランド: QNP

輸送方法: Ocean,Land

原産地: 中国

認証 : ISO9001

ポート: Qingdao Port,Shanghai Port

製品の説明

10MW蒸気タービン発電機ロータメンテナンス

QNPメンテナンス&インストレーションエンジニアリング株式会社は、QNPの子会社であり、パワーエンジニアリング建設資格を有しています。

  • ジェネレータロータの地面

症状:ジェネレータが1点または2点を接地してライトプレートのライトを接地します。

故障解析:発電機の回転子巻線の絶縁損傷、コイルの変形、重い塵や油脂の付着は、発電機の回転子巻線の接地につながります。発電機の回転子が一点で接地すると、地面が電気回路を構成しないので、電流が流れる。

しかし、1点を接地した後は、別の接地点を導きやすくなります。励磁回路が接地すると、2つ以上の地絡の地絡が発生する可能性があります。それは非常に危険です。

故障後、回転子巻線は短絡される。巻線の直流抵抗が小さいため、励磁電流が増加します。したがって、発電機の磁場はバランスがとれておらず、主磁束は大きく減少する。 STGは強力に活気づくでしょう。一方、発電機の力率は大幅に上昇し、先行相走行(グリッドからの無効電力の吸収)に至る。

ステータ磁場は葉になり、ロータ磁場は後部になる。ステータ電流が増加します。ウォッチャーが励磁を変化させることなく励磁電流と固定子電流が急激に増加し、励磁電圧と交流電圧がすべて低下し、力率計が増加または進み位相を示している場合は、発電機回転子が接地されているか短絡した。 STGと磁気を吹き消す必要があります。励磁システムとロータの巻線を点検し、短絡点を見つけてそれを扱ってください。

135MW Steam Turbine Rotor slignment50MW Steam Turbine Rotor Maintenance

135MW蒸気タービン回転子斜面 50MW蒸気タービンロータ保守

製品グループ : インストールとケア > ジェネレータケア

製品の絵

  • 10MW蒸気タービン発電機ロータメンテナンス
この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
Sarah Ms. Sarah
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する